空き家になった実家をどうするのか。


空き家の実家の活用方法を、紹介する記事です。

家族で使う予定があるなら、別荘地として使う

理想は週末に帰って使用すること



家族や、親族の間で別荘地として、空き家の実感を利用する。


別荘的な利用の仕方が、なんだかんだ「心情的に」一番ベストだと思っています。


思い出のある実家を、今後もずっと使ってあげるっていう家への感謝の気持ちにもなるからですね。



別荘として使用するなら、週末くらいに帰るって感じで利用するのがベストですね。


せいぜい、月1くらいで帰って実家の田舎でゆっくり過ごして、掃除したり色々メンテナンスもついでにやっておくのが、いいですよ。

税金などの維持費は、家族間で平等に負担しないとトラブルになりやすい



別荘として使用する場合、長男長女のあなただけが、ひたすら実家の固定資産税などの維持費を負担するのはやめましょう。

どうしても、あなただけの負担が多すぎると、後から色々と金銭的に揉める原因になりがちだからです。


なので、実家を別荘として使用する場合、必ず兄弟全員や、別荘として使用したい親戚などを集めて、費用負担はどれくらいにするのか?を話し合いましょうね。

月に1回も帰れない人なら、管理サービスを活用しよう!



ただ、少し実家の空き家が遠方で、月1も帰れない!


もしくは、3ヶ月に1回くらいしか帰れない。



そんなあなたなら、空き家の実家を管理してくれる便利なサービスを利用しましょうね。


というのも、数ヶ月に1回くらいの実家の利用だとやはり実家の痛みは激しくなります。


週1くらいで、歓喜したり、水道に通水をしたり、草むしりをしてくれるなど、管理してくれるサービスを利用して、実家の劣化を防ぎましょうね。費用は月あたり1万円くらいです。

家族で使う予定がない場合・実家の市場価値は??



空き家の実家の市場価値ってどうやって決まるのあ??

  • 立地

  • メンテナンス状況

  • 築年数

  • で決まる感じです。

    ですので、


    駅前で、定期的にリフォームをしていて、築年数が20年未満の実家なら、高い値段がつきます。


    市場価値も高いでしょうね。



    >>>こちらから実家の空き家の査定をしてみてください!!<<< [br num="1"]

    家族で使わない場合の選択肢

    建物つきで売却



    あくまで、市場価値が見込める自宅や、分譲マンションは売却してもすぐに高く売れる可能性もあるんです。


    待てば待つほど、不動産の価値って下がるんです。


    例えば、20年よりも25年目の実家の方が、価値がグンと下がります。


    売るなら、なるべく早めに査定を受けましょう。


    >>>こちらからどうぞ

    建物つきで賃貸


    建物付きで貸すのも、割と現実的な方法。

    駅前で、築浅、リフォームもまめにしている方が圧倒的に賃貸などで、楽に貸せます。

    貸す際には、管理業務が異常にめんどくさいので、管理会社にお金を払ってしてもらう方がいいですよ。

    例えば、賃料の徴収とか、借りたい人を探してくるとか・・・素人のあなたにできますか??

    更地にして売る・貸す



    あまりオススメはしないですが、あまりにも古い実家を取り壊して、更地にして売る、もしくは貸す方法。

    ただ、更地にしたからといって、必ず売れるわけでも、借り手が見つかるわけでもないです。


    また、更地って土地の上に建物を立てている場合に比べて、固定資産税が6倍になる罰ゲームが待っています。

    >>詳しくはこちらの記事<<< 更地にするかの判断は、慎重にしてくださいね。 [br num="1"]