思い出の詰まった実家だが、誰も住まなくなってしまった。

1年くらい放置して、草がボウボウで近所から苦情が出ていませんか??

そんな空き家になった、思い出が詰まった実家を今後どうすればいいのか??いろんな方法で検討して見ました。

まずは実家の片付けをして落ち着きましょう

おそらく、誰も住まなくなった実家の庭や、自宅内は荒れ放題でしょう。

老人の一人暮らしだと、片付けもままならないので、不用品とか沢山あります。

なので、まず残しておくべきもの、捨てるもの、不要だけと思い出の品として持っておきたいもの。

この3パターンに分けて、整理します。

そして、不用品は、便利屋さんや不用品回収業者さんへお願いしましょう。

貸す選択肢・

おそらくもっとも現実的な選択肢は、貸すということ。

ただ、これだけ空き家になっている家が多いので、借り手がすぐに見つかるかは難しいですね。

うまく言った例は、リフォームして、地域のコミュニティースペースにしてしまったり。

シェアハウスにして老人たちが住むなんて感じで利用されている例もあります。

売る選択肢

貸すについで、自宅や土地を売るっていう選択肢もありですね。

その際に、どれくらいで売れそうなのか?

どれくらいの時期で売れそうなのか??

などを不動産屋さんに聞いてみるのもいいです。

その際には、1社ごとに回るのはめんどくさいので、一括で査定をお願いしましょうね。

子供のあなたが住むという選択肢

あなたが、都会暮らしをやめて田舎に住むっている選択肢はありませんか??

地域によって、都会より税金がやすかったり、いろんな助成金が受けれたりなど。

都会よりもグッと生活費やランニングコストが安い場合もあります。

愛着のある実家で第二の人生をスタートさせるのもいいでしょう。