実家が空き家になって、管理がめんどくさいからっていって、放置しているとやばいです。


この記事では、実家を空き家として放置していると、特定空き家に指定されて、固定資産税が6倍取られるという恐ろしいお話に関してです。

そもそも、特定空き家ってなに??



空き家対策特別措置法という法律が根拠です。


ざっくりいうと


実家の空き家が

  • 木が伸び放題

  • 建物が倒壊しそう

  • 泥棒が侵入しそうなくらいやばい

  • こんなやばい状態を放置したこと


  • こんな時に、特定空き家に行政から指定されます。



    具体的には・・・


    実家を放置しすぎると、市区役所から、空き家を綺麗にしなさい!!という指導が入ります。

            ↓

    無視すると、早く空き家を綺麗にしなさい!というお怒りの文書が市区役所から届きます

           ↓

    〇〇日までになんとかしなさい!!と命令される

           ↓

    それでも無視する猛者には、最終的には実家を市区役所の権限で取り壊される

            ↓

    その後、取り壊し費用は、あなたに請求される!!!



    っていう流れです。



    お役所こわ〜(笑)って感じです。

    特定空き家に指定されると、どの段階から6倍の税金がかかるのか??


    特定空き家に指定されて、「早く空き家を綺麗にしなさい!というお怒りの文書が市区役所から届いた」



    このように、市区役所の、ボロボロの空き家をなんとかしてね!っていう指導を無視した次の段階で、6倍の税金がかかってきます。


    ちなみに、空き家を更地にして建物を壊しても同じく6倍の税金がかかる



    特定空き家って、建物がない更地と同じ扱いなんです。

    リンク!!!



    建物を壊して更地にしてしまうと、税金が6倍くらいかかってきます。



    これって、日本の法律で、土地の上に建物を建てて住む際に税金の優遇措置をしているから。


    特定空き家に指定されて、固定資産税6倍を避けるために取るべき対策とは??

    委託業者に頼んで綺麗にする

    都会に住んでていて、実家になかなか戻れないあなたは、委託業者に頼んで自宅の掃除をしてもらうのが現実的ですね。


    便利屋さんに頼んだり、地元のシルバー人材センターに頼んで


    だいたい,1回あたり5000円はかかります。


    月に1回くらいは,依頼した方がいいでしょうね。


    建物が劣化したりしすぎたり、木がぼうぼうになるから。


    誰かに貸してしまう



    いっそうのこと、不動産屋に頼んで誰かに貸してしまうのもありですね。


    その際には、民泊にしてしまう、地域のコミュニティスペースとして貸す、シェアハウスにリフォームするなど。


    ちょっと捻った方法がいいかもですね。

    土地ごと売る



    建物つきで、土地ごと売ってみるのも検討してください。


    その際に、事前にどれくらい土地や建物の価格があるのか?


    その価値を調べる必要があるので、不動産屋さんに調査を依頼しましょう。

    忙しいあなたのために、一括で不動産屋さんに頼めるシステムがあります。

    >>実家の空き家の価値を査定してみる<<<

    子供であるあなたが、実家に定期的に住んでしまう



    あまり現実的ではありませんが、子供のあなたが田舎に移住して、実家を守るのも選択肢の一個ですね。


    片道一時間くらいの距離なら、週末に過ごす別荘代わりにしてみるのはいかがですか??


    定期的に実家を見回りにいける口実もできますし。


    定期的に住んで、水道を使ったり、掃除をした方が愛着のある実家の建物は痛まないですね。