誰も住んでいない実家の水道光熱費って、大体どれくらいかかるのか?


この記事では、空き家になった水道光熱費がいくらかかるのか、隠れたその他の費用に関して書いています。

年間で水道光熱費は、30000円から40000円



月にかかる電気代1000円


月にかかる水道代2000円



月あたり合計の水道光熱費は、3000円です。



空き家になっている実家に行った時に、最低限、掃除機をかけたりする際に必要。


なので、電気代は基本料金の最低料金は払わないといけないです。


水道代は、たまに庭を掃除したりするのに、水をまいたり・・・。などに使うのでこちらも基本料金くらいは払わないといけません。

そもそも払わないのは、ありなのか??



先ほども検討した通り、水道電気代を全く払わないわけにはいけません。


仮に電気代や水道代を全く払わない、電気契約や水道契約をしないとどうなるのか??

掃除機などをかけないわけなので、部屋が埃だらけになる→部屋があれてくる

水道契約をしない、水道管が錆びやすい、排水溝から悪臭がする、ゴキブリなどが上がってくる→部屋が荒れる

っていう感じで、ロクなことがありません。


実は、水道光熱費以外にもかかる費用が潜んでいます・・・



実は、水道代や電気代などの光熱費以外にも、いろんな費用がかかってきます。


それは

実家までいく交通費

庭がある場合、庭の手入れする業者への外注費

です。



庭の手入れの外注費は数万位かかるので、地味に痛いです。


実家に頻繁にいけないなら、空き家管理サービスを使用するのもアリ


空き家になっている実家の換気や掃除。


水道の通水。


実家の見回りなどをやってくれる、空き家管理サービスがあるらしいです。

大体月あたり5000円から10000円くらいです。


空き家管理サービスを利用すると、実家まで頻繁に行かなくてもよくなるので、交通費が浮きますね!!

賃貸で貸すのが一番楽なんです。ただケースバイケースなので、一度不動産屋さんに売却の相談も依頼してみては??



なんだかんだで、負担になる空き家になっている実家の存在。


賃貸で誰かに貸してしまうのが一番楽なんですが・・・・。

物件によっては、売却した方がお得な物件もあります。

一度、不動産の売却をやっている不動産屋さんに、空き家の実家のことを相談してみるといいでしょう。


>>空き家の実家のことを不動産屋さんに相談してみる<<