最近、空き家問題が話題になっています。


この記事では、

  • 空き家問題をなぜ行政は真剣に考えているのか??

  • 空き家問題を放置するとどうなるのか?

  • 空き家問題の対策などを考える記事です。

  • 空き家の数って、どれくらい日本にあるのか?



    日本には、全国で住宅が6000万戸あります。


    そのうち、1000戸が空き家です。


    ということは、6件に1個は空き家なんです!!


    行政がこれだけ、多くなってきた空き家に関する法律を最近作成しました。


    この空き家に関する法律を作らざるを得なかった経緯は、空き家を放置したらどうなるか?で検討します。

    空き家を放置したらどうなるのか?

    建物が古くなり老朽化しやすい



    人が住まない家って、古くなりやすい。


    シロアリに食われて、自宅が壊れやすくなったり。


    カビが生えてたり・・・草がボウボウになったりなど。


    自然災害が起きて壊れやすい



    老朽化して、ボロくなった家だと、地震が起こった時に、自宅が壊れやすくなるわけです。


    道路に倒壊した、自宅の建材がはみ出したり溶かして、事故を引き起こしたり。


    もしくは、救急車が通れなくなって、他の人の命に被害を及ぼしたりなど。

    防犯上の問題・空き家に変な人が住みやすい



    空き家になるとその家に、泥棒や犯罪者が住み付きやすいって知っていましたか??


    日本ではいないかもって思っているテロリストや、指名手配犯とかって、積極的に空き家に住んで逃亡しているっていう噂も聞きます。

    ゴミの不法投棄が多くなるので



    それと誰も住まなくて荒れ果てた家って、ゴミの不法投棄現場になりやすいです。


    社会学で有名な割れ窓理論って、知っていますか??


    割れた窓をそのまま放置すると、そこにゴミが捨てられたり、落書きされたりなど・・・


    どんどん、荒れ放題になってしまうっていうことです。



    なので、荒れ放題で放置しまくるのは絶対にやめましょうね。

    空き家が増える→住民減る→行政サービスが有料化する



    まさに空き家が増えるということは、誰も街に住まない状態になる。


    誰も税金払ってくれなかったら、行政サービスの資金源がない!ってことで、行政さんは焦っているんです。

    空き家問題の対策や方法は??

    自宅を売る



    現実的な問題として、売れるかどうかは別として売る選択肢も検討しましょう。


    その際に、実際に査定をしてもらうのは、素人では無理ですから、不動産屋さんにお願いすることに。

    不動産屋さんにお願いするさい、できる限りいろんな不動産屋さんにお願いする方が買い手が見つかりやすいです。


    なので、不動産の一括査定をやってみることをおすすめします。

    >>>一括査定を検討する<<< [br num="1"]

    自宅を貸す



    自宅をリフォームして、誰かに貸すという選択肢もありです。


    ただ単に、住宅用で貸すのもありですが。


    地域のコミュニティスペースとして貸し出すとか、変化球的な利用方法もありですね。


    子供のあなたがすむ



    現実的には難しいかもしれないですが、子供のあなたが住んでみて愛着のある自宅を守るっていうのも全然ありですね。



    週末だけ帰る、別荘的な利用方法も現実的だと思います!!