空き家バンクというものが、空き家問題解決のために重要な役割を果たしているらしい。


この記事では、空き家バンクの仕組みと現状、登録する際の注意点を書きました。

空き家バンクってなに?その仕組みは?



空き家バンクは、元々は過疎化が進んで誰も住まなくなった地域に、移住してもらうために、自治体が空き家を紹介するというマッチングWEBサービス。


仕組みはとっても簡単。


まず、空き家の所有者に、自分の空き家を登録してもらう。


そして、移住を検討している人に、WEBサイト上で空き家の写真などを公開して、貸したり売ったりなどをマッチングの場を提供するというもの。



ただ、空き家バンクを運営している自治体は、あくまで場所(サイト上で)を提供するだけ。



実際の取引は、当事者同士で行います。


もしくは、自治体とつながりのある、不動産業者に仲介を依頼して取引を行ってもらいます


現状は?かなり利用が活発になってきている



現在は、全国の7割以上の自治体が、空き家バンクを導入しています。


また、国土交通省のお役所が、この空き家バンクを全国的に普及させようとかなり力を入れています。


なのでさらに、空き家バンクを導入する自治体は増えるでしょうね。


サイト自体も見やすくなって、ネットで移住したい空き家を探す人がますます増えるでしょうね。

サイトに空き家の実家を登録する前に、綺麗にしていますか?


<参考:三重県の空き家バンクサイト

空き家バンクのサイトの中身を見たことありますか??


結構、汚いまま放置して、そのまま写真が登録されている家が多いです。



部屋を賃貸で借りる時を、思い出してみてください。



内覧した部屋が、汚くて水回りも汚れていたら、誰が借りますか??


部屋の掃除以外にも、マイナス面になりそうな水回りのリフォームなどは、行ってから空き家バンクに登録しましょうね。


<水回りのリフォームの参考記事>

空き家の実家をリフォームをするべきか?するなら水回りを最優先するべき

その他、権利の整理や境界の確定に関しても、やっておかないと買い手が敬遠します。

<境界の確定に関する参考記事>

空き家の実家の土地の境界を正確に知った方がいい理由



以上のように、空き家バンクをしっかりと活用して、実家の空き家問題の解決に踏み切ってください。


ただ、事前にある程度実家の空き家の価値を知って、おかないと空き家バンクの登録の際に、希望の売却価格が付けれません。


なので一度不動産業者にお願いして査定してもらいましょうね。


その際には、一度に複数の業者にお願いできる、一括査定が時間的にも無駄がなく、相見積もりも取れるのでオススメです!

>>>こちらから査定を行ってみる<<<