最近、自治体が、空き家を活用する制度を次々と作っています。


今回は、自治体の空き家活用の取り組みに関して書いた記事です。

自治体の空き家対策が、進んできている理由



あまりにも放置されている、空き家。


それを見かねて国が「空き家対策特別措置法」という法律を作成しました。


この法律には、各自治体が空き家に関して、色々と自分たちでルールを決めて頑張ってねと書いてあるんです。


この法律の流れを受けて、全国の自治体では、いろんな空き家活用事例が出てきました。


大きく分けて、活用と建物を壊す、除去の2パターンがあるようです。

各自治体の空き家活用の事例

福井県越前町



空き家を壊して、更地にする費用を出してくれるみたいです。


その後、更地に子供達や、高齢者の憩いの場を作ったりなど。


そのような憩いの場を、ポケットパークというそうです。

東京都文京区



道路に接してない、敷地。


道路に続く通路の間口が2M未満で、新たに建物としての活用が難しい家が多いそうです。


そんな家に対して、更地にするための費用を助成している。


またその土地を借り上げて、消火器などをおくスペースにしているらしい。

群馬県高崎市


空き家を市が改修費用を出して、子育て中の家族と、地域の高齢者の憩いの場、交流スペースにしているらしい。

奈良県五條市



空き家になっている町家や蔵を、市が助成して改修。


町家の魅力を発信して、体験型の宿泊施設にしているらしい。

あなたの住んでいる地域は?

あなたの住んでいる地域の自治体に一度問い合わせをしてみましょうね。

その際に、念のためですが現在の実家の空き家の価値も査定しておくと色々と、決断材料が多くてスムーズですね。
>>>こちらから空き家の実家を査定してみる<<<