空き家の実家を、売りたい。


売った時に、いくらで売れましたか?


売れた価格から、経費を引いた価格に、税金がかかってきます。


その税金が、ある条件を満たすと、チャラになる特例制度に関しての記事です。

空き家の実家を売った時にかかる税金を、3000万円チャラにしてくれる特例制度


家の売却価格から、解体費用やリフォーム費用をひく。



さらに、不動産屋さんに頼む仲介手数料を差し引く。



その残りを、「譲渡所得」と言って、それに対して税金が結構かかってきます。


その「譲渡所得の税金」に対して、かかってくる税金を一定の条件を満たしたら、3000万円引いてあげるという特例が期間限定で、作られました。

適用されるための条件は?


  • 2016年4月1日から2019年12月31日までの売却

  • 耐震補強工事をしていない家(こちらを参考にしてください)で、直前まで親が住んでいた

  • 2013年1月以降に相続が発生

  • 相続から売却まで賃貸に出していない

  • 売った時の価格が1億以下で、相続開始から3年以内

  • 実際の計算例

    特例が使われる前



    空き家を、2000万円で取得。



    どれくらいの価格で、昔実家を買ったのかが不明な場合、空き家の売却価格の5パーセントで計算するルール。


    また、リフォーム費用は耐震リフォームを200万円で実施したとします。

    また、仲介手数料は60万円くらいとします。



    さらに、譲渡所得の税金は、20、315パーセントの計算です。

    (2000万円ー2000万円×5パーセントー260万円)×20、315パーセント = 譲渡税 333万円



    と、約300万円とかなり高額です。

    特例が使われた後


    全て、先ほどと同じ金額で、特例だけ適用させて見ます。

    (2000万円ー2000万円×5パーセントー260万円ー3000万円)×20.315パーセント=譲渡税0円!!


    となります。