最近、流行りのDIYって知っていますか??


自分で、工作したりして家を作ったりすること。


今回は、空き家をDIY可で賃貸する際の、メリットとトラブル事例をまとめました。


DIY型賃貸って、つまりどういうこと??定義を念のため確認

DIY型賃貸とは、リフォーム費用を貸主が負担する代わりに、退去した時の原状回復が不要であること。

つまり、通常の賃貸との違いは「借主が自分の好きなように手を加えていいこと」です。

例えば、壁に釘を打って、戸棚を取り付けてもOK.



キッチンを全面的にリフォームして、新品にしてもOK。

メリットは?

貸主のメリット

空き家になった実家を貸そうと思った際に、リフォーム費用が100万円以上する・・・。


どうしよう・・・ってなった時、現状のまま貸してOKなDIY型賃貸は、すごくいい選択肢。


また、DIYで加工しているということは、借主は結構長く住んでくれるわけです。持ち家みたいに愛着があるからです。


なので、長く住んでくれるということは、貸主としては安定した賃料収入をゲットできるんです。


また、退去した時に、部屋がDIYによってグレードUPしている可能性もあります。



自腹でリフォームしたわけでないのに、ラッキーって感じです。

借主のメリット



持ち家に住んでいる感覚で、好きなように部屋をリフォームできる。


DIYの工事費用は自己負担だが、その分家賃が安い。



退去した時に、原状回復しなくてよくなる。

よくあるトラブル事例

家の構造を改造してしまう



いくらDIYでも、自由にやりすぎると問題です。



柱や壁など、建物を支える構造のものをDIYしてしまうと、建物が傾いたりしてしまう危険もあります。


なので、建物の基礎部分はDIYしないという賃貸の契約に、しましょうね。


住宅を店舗に変えてしまい、法律違反を起こす


住宅がある地域って、住宅しか建ててはいけないっていう決まりがあることが多いです。


なので、DIYで改造して、住宅から店舗にしてしまって、法令違反になってしまうことも。

ここら辺も、しっかりと法令を確認するなど、弁護士に相談するなどで対処しましょうね。

>>>オススメの弁護士はこちら<<<