空き家になっている、実家を売りたい。


結構古い実家だが、実際に売れるのか??


この記事では、築25年以上の古い家だが、売れるタイプと、売れないタイプを検討して見ました。

築25年以上の古い家は、土地代くらいでしか売れない



築25年以上の、家は実質土地代くらいの価格しか付かないことが多いです。


売りだすときは「古家付き」などと、表示されることも。


売り出し価格は、家の解体を見込んでかなり低い価格が付いてしまうこともあります。



また、買い手側が「古家付き」の土地を買う際のリスクとして、解体費用の負担だけでないです。


その後、何かが土地に埋まっていて、その撤去費用を負担しなくてはいけなかったりなど・・・。


いろんなリスクがあって、なかなか「古家付き」だと、売れないんです。

売れにくい古い実家、アピールできるポイントがあれば別



ただ、空き家になっている古い実家の「構造」「メンテナンスがいいか」などの状況によって、すぐに売れる場合もあるんです。


例えば、建材がかなりいいものを使用している。


水回り綺麗であることや、屋根の作りがかなり立派である。


外壁が綺麗である。



などです。

なので以下でまとめると・・・・


売れるタイプ・古いけど作りは抜群


構造自体が立派。



メンテナンスが、行き届いている。



ちゃんと所々直せば、しっかり使える。

などの、売りになるポイントをしっかりと不動産業者に伝えましょうね。

>>>一括査定はこちら

更地で買うよりも、古家付きの方が、買主としては安く買えるので、買主としてはお得な物件。

なので、売れやすくなる。

更地で買って、新しく家を建てるより全然安いわけですね。


売れないタイプ・構造からかなりボロボロ



シロアリ被害が深刻で、所々腐っている。


もう撤去するしかない物件など。


撤去費用も込みで、かなり安い価格でしか買ってもらえないことも多いです。


そもそも、それなら買わない人も多いかも、