空き家の実家をフルリノベーションしてから、売却しようかな?って考えていませんか?


この記事では、必ずしもフルリノベーションをするのが正解じゃない、むしろしない方がいい理由を解説します!!


フルリノベーションするデメリット



よく、不動産業者さんから、「フルリノベーションした方が、新築みたいになって高く売れますよ!」って言われるかもです。


ただ、フルリノベーションしても必ず売れる訳ではないです。

と言いますのも、

フルリノベーションをしたら、その分売却価格が高くなる訳です。


価格が高くなるってことは、売れにくくなります。


また、買い手の人が、あなたが行ったリフォーム内容に納得するのか?よくわかりません。


なので、以前の記事で述べたように、水回りに限定してリフォームをした方がいいです。

<参考記事>

空き家の実家をリフォームをするべきか?するなら水回りを最優先するべき

それと、最近では、DIYという自分でリフォームすることを趣味にする人が増えています。


なので

自分でリフォームするから、安くして欲しい!!という顧客(結構多い)


すぐに住めるように、綺麗な新築同然の家がいい!!という顧客

両方いるので、注意が必要です。

自分でリフォームしたい!という顧客が、考えていること

自分好みのデザインがいい!!



できるだけ、安く中古住宅を買って、自分たちのオリジナルのリフォーム、リノベーションにしたい!


DIYで、オリジナルのキッチンを作りたい!など。

最近では、自分好みのデザインを中古住宅に施したい!と考える人がかなり多いです。

不具合のある部分を、隠されたら嫌だな



買主さんとしては、フルリノベーションをしている住宅は「何かこの住宅は、すごい欠陥を隠しているのでは?」と思っている方が多いです。

例えば、雨漏りとか壁の傷とか。


なので、買う側としては、リノベーションをやりすぎている住宅はかなり心配な物件なのです。


購入後に、よくわからないトラブルに巻き込まれるのがゴメンだなと考えている方も多いです。