空き家を更地にしたい!って思ったとき、気になるのはお金のこと。


この記事では、空き家を更地にする際の補助金と、更地にするリスクを書きました。


意外とある、更地にする際の補助金例



特定空き家に指定されたり、もしくは将来的に空き家になりそうな場合。


空き家の解体費用、つまり更地する費用を自治体から一定割合もらえます。

例えば、東京の足立区の事例だと・・・


木造建物の場合、50万円の補助。費用の半分を上限に補助してくれます。


<参考:足立区のHP

更地にする際のリスク

固定資産税が急激にUPする



過去にも記事にしましたが、空き家の実家を更地にすると、固定資産税が6倍に増えます。


<参考記事>

空き家になると固定資産税が6倍になるという噂の真相



境界線のトラブル



こちらも過去に記事にしました。



土地の境界線が曖昧で、売るときに、買主が隣地とのトラブルを敬遠して購入を躊躇してしまうことも・・・。


<参考記事>

空き家の実家の土地の境界を正確に知った方がいい理由

埋蔵物が埋まっていることが判明



それと、空き家の実家を壊した後に、土壌が何かしらの原因で汚染されていて、洗浄するのに費用がかかったり。


それと浄化槽などの残留物が残っていて、撤去するのにお金がかかったり。


更地にしたあとに、思わぬ隠れたトラブルが多いのも、更地のリスクやトラブルなんです。