親が最近亡くなって、実家の空き家の相続問題が発生した方に向けて書いています。


この記事では、実家の空き家問題でよくあるトラブル事例を紹介します。

基本的に、誰も実家を相続したくなくてモメるケースが多い



昔の相続問題は、実家の資産価値が高くて相続人のみんなが、実家を欲しがって争った事例が大半でした。


ただ、現在は古くて不便で、資産価値があまりない空き家の実家は「負動産」になっています。


資産価値のない実家を、誰もつがない、自分は絶対に相続したくない。というトラブルが多いです。

よくあるトラブル具体的な事例

実家の押し付け合い



先ほど少し述べましたが。


相続の権利がある子供達が、実家を相続したくない!と押し付けあってモメるトラブルがすごく多いです。


実家が、田舎の不便な場所にありしかも古い。


そして、不動産業者に、賃貸や売却の相談をしたが、正直微妙な安い評価しかしてもらえなかった。


解体費用を負担したり、固定資産税を負担したくない兄弟同士での、実家の押し付け合いが始まっています。

売る・売らないでモメる



稀なケースですが、実家を相続できる権利のある兄弟間で、実家の使い方や処分を巡って意見が食い違って、トラブルになる場合もあります。



例えば、


長男は将来的に、実家に住んで実家を守りたい。



ただ、妹や次男が、売れる時期にさっさと売却して現金化して、兄弟同士で山分けしたいと言い出す。



こんな感じのトラブルも、あります。


共有名義にして、後からモメる



空き家になった実家を、すぐに売る、すぐに賃貸に出す。という決断ができずとりあえず処分の方法は保留。


とりあえず、兄弟同士で、空き家の実家を共有名義にしようとした後に起こるトラブルです。

例えば、

2年前に、3人兄弟の間で、実家の空き家を共有名義にして、兄弟同士で管理しようと合意。


その後、兄弟の一人がお金に困り出す。


そして、お金に困った兄弟が、実家を売却して現金に変えたいと言い出す。



ただ、空き家の実家は共有名義。



お金に困っていない、他の兄弟2人の同意が取れずに、売却は難航する・・・。