実家の空き家問題って、親子のコミュニケーション不足、話し合い不足が原因で起こっていることが大半です。


ですので、この記事では実家の空き家問題を解決するために、どうやって親子間で話し合いをすれば良いのか?を検討します。

実家の空き家問題を大ごとにしてしまう理由は、親子間の話し合い不足



上京したり、実家を離れて10年20年くらい経って、年末くらいしか実家に帰っていませんよね??


親が、実家に対してどういう考えを持っているのか?を正確に把握していますか?


確かに、あなたは長男である自分が実家を継いだり管理するのかもと、思っているかもしれません。


ただ、親はしっかり者の次男に実家を継いで欲しいと思っている場合もあるんです。


後々、親が亡くなった後に、実家をどうするの?


誰が固定資産税などの固定費を負担するのか?


などで、親亡き後に兄弟同士で揉めることも多々あります。

親子間の話し合いで、適切なアプローチとは?

二人で旅行にいく

温泉旅行の予約でもして、近くの海を見ながら温泉に入ったり、海の幸に舌鼓をうちながら二人でゆっくり話す。


こんな感じで親子二人でリラックスしながら、さらっと話し合う方が、親の本音を引き出せるかも。

一緒に買い物にいく



温泉は照れ臭いなら、二人で買い物に行って見るのも良いですね。


車内で二人で、色々と今後の実家の行方について話し合いをするのも良いですね。

二人で食事にいく



二人だけで食事に行って、一緒にお酒を飲んでリラックスする。


こんな感じで過ごすと、親の本音を聴きやすいかも。

あまりよくない親子間のアプローチとは?

家族会議を実施すること



いきなり家族会議すると言われた親の気持ちを考えて見ましょう(笑)


この子供は遺産目的なのか?


と身構えてしまうことでしょうね。



あくまでもリラックスして、親が本音を話しやすい雰囲気をしっかりと作ってあげましょうね。