実家の空き家を、更地にしたり、賃貸にするにせよ、必要なのはお金ですね。


実家の空き家をちゃんと管理したい!って思っている場合、国や自治体から補助金などの支援はあるのでしょうか??


この記事は、そんな空き家対策に対する国の支援に関して、調べた内容です。

空き家を壊すのを支援



古くなった、ちゃんと家を取り壊して、地域として防犯や、火事や倒壊の事故が起こらないようにしよう。


っていう趣旨の支援ですね。


空き家を取り壊す費用の一部を、負担してくれるケースが多いみたいです。

函館市の支援のケースを見てみる

解体費用の2分の1以下で、30万円を限度額に、実家の空き家の解体費用を負担してくれるらしい。


解体費用は、平均100万円から200万円なので、金額としてはかなり妥当かも。



参考:函館市のHP

空き家を活用する支援

リフォーム費用を補助する支援



空き家を、新しくリノベーションして、地域の住民の交流の場にする。


地域の活性化のためや、街づくりのためにというのが目的の支援です。


空き家を旅行者や、移住希望者に貸したり、地域住民の交流施設の創設に一部費用を出してくれるみたいです。

空き家バンクで入居者を探してくれる



空き家バンクって、知っていますか??


自治体のホームページなどで、空き家情報を公開して、空き家の所有者と移住したい人をマッチングさせるサイトです。


参考:空き家バンク

香川県さぬき市のリフォーム支援のケース

さぬき市も、100万円程度リフォーム費用を負担してくれているみたいですね。

参考:さぬき市

まとめ:住んでいる自治体に一度問い合わせしましょう。



自治体によって、ケースバイケースですが、大体の自治体では、今まで見たような支援をやっています。


なので、住んでいる地域の自治体に一度、どんな制度があるのか?を問い合わせるといいですよ。