実家の維持費や、固定資産税を払いたくない!


実家の空き家を、行政に寄付できるのか?に関する記事です。

空き家の寄付に関する役所に対する相談って、めちゃくちゃ多いらしい(笑)



空き家になってる実家を寄付したい!って思っている人は、やはりすごく多いらしいです。


ただ、ほとんどの自治体では寄付は、お断りしているらしい。


しかし、超例外的な場合のみ・・・実家の寄付が認められます。

空き家の寄付が認められるのは、超例外のみ・超例外事例を確認

敷地が広くて、公園として利用可能



要するに、更地になっている実家の土地が公園として利用可能なくらい広いこと・・・。


緑もそこそこ豊富で、遊具も設置できてなどの条件があるんでしょうか??


かなりハードルが高そうです。

歴史的な建築物で、保存すべき家屋である場合



すごく歴史的な建築物で、これからの世代に残すべき建築物って・・・・。


普通の民家には、ハードルが高すぎる。

集会場やギャラリーなどの展示物がある家屋



芸術性があるとか、すでに展示会が開けそうな創作物がある家って・・・。


具体的に何??って感じ。

寄付を認めると、税金の収入が減る行政・簡単に寄付を認めるかは怪しい



行政側の本音として、簡単に寄付を認めると、固定資産税などの税収が減って美味しくない!って感じだと思う。

なので、ポンポン寄付を認めるなんて運用を、行政がするとはとても思えない。

今後、法整備が進んで寄付が認められる可能性は少しある



ただ、国も放置されている実家の空き家問題にだいぶ本腰を入れてきているらしい。


空き家の寄付の例外条件をかなり緩める方向で、法律を作っているという噂である。