親が最近亡くなって、実家の空き家の相続問題が生じている。


もしくは、今後実家の空き家の相続問題が生じそうな方に向けて書いています。


この記事では、実家の空き家の相続が生じた場合の、相続人は一体どうなるの?誰なのか?に関するものです。

子供がいたら、子供全員に相続する権利があり



親が死んで、子供がいた場合、子供全員が相続する権利があります。


加えて、例えば父親の先妻の子供、いわゆる連れ子も相続する権利があります。


また、既に子供が亡くなっている場合、子供の子供。


つまり、親から見たら、孫に当たる人間が実家を相続する権利をゲットします。


図で解説すると、こんな感じです。

子供以外の人も、相続人になる場合(子供がいないor子供が実家の相続を放棄した)



子供ができずに、子供がいない場合。


もしくは、子供が実家の空き家を相続した場合、子供以外の人が相続人になります。



例えば、親の親。

つまり、祖父母です。

また祖父母が既に死んでいるなら、親の兄弟が相続する権利をゲットします。


詳しくは、下の図です。

トラブル回避方法

事前に家系図を作っておく



実際に相続して、全然知らない遠い親戚の人が登場して、相続問題でもめてしまった人は多いです。



なので、事前に家系図を作って、誰が今生きていて、親が死んだら誰が相続する権利をゲットするのか?


を事前にしっかり調べておくのが大事ですね。


相続する権利のある人たちを、親戚が集まるお正月などで呼び出し、空き家になる実家をどうするのか?


しっかりと、話し合うことが大事ですね。

親の遺言書を、事前に作成しておくメリット



親が生きている間に事前に、話し合いをして、空き家になる実家をどうするのか?決めるのが一番いいです。



ただ、最終的には、親の意思で長男に継がせたい。などで決まることも多いです。



その場合、親が生きている間に親に遺言書を書いてもらうのがいいですね。


生きている間から縁起悪いなどと、思う人もいるかもしれないです。


ただ、相続トラブルって、親が死ぬまで何も決めていなかったことが原因で、よく起こりがちなんです。

親が死んだ後に、兄弟同士が相続トラブルで絶縁とか悲しいですからね。