空き家の実家を賃貸に出したいけど、自分で管理するべきか、不動産会社に任せるべきか・・・。


この記事では、実家を賃貸に出すなら、管理会社に任せた方がいいですよ。という内容です。

管理業務は、業者に任せないと消耗する



部屋や、家を貸しているとよくあるトラブルは


上下や隣の部屋の騒音トラブル


ペット禁止なのにペットを飼うトラブル


水漏れなど設備に関するトラブル

です。

こういったトラブルに、大家のあなたがいちいち対応しなくてはいけないのは、結構骨が折れますね。

不動産会社と管理会社が、別のところもあるので注意



ということで、賃貸物件の仲介を依頼した会社に、管理業務もお願いするのが一番早いです。


ただ、仲介会社と、管理業務をやっている会社が別々なことがたまにあります。


なので、その場合は、また別に管理会社さんと契約することになりますね。

街の不動産屋さんが、意外とおすすめな理由


地元の地域密着型の会社さんだと、仲介と、管理を一緒にやってくれていることが多くて手間が省けます。


それと、実家の近くに店舗を構えていることが多いです。


なので、水漏れや住民のトラブルが合った際に、すぐに駆けつけてくれて、修理業者を手配してくれます。


そういった迅速さ、アフターフォローがいいのは圧倒的に、地元の業者さんですね。

管理業務と仲介業務の違いって?



空き家になっている場合、新たに入居者を探してきてくれるのが、仲介業務。


誰かが入居する際には、仲介手数料を不動産会社に払う必要がある。



管理業務は、ゴミ出しのトラブル、水漏れ、エアコンの故障、設備のトラブルへの対応業務です。


借りてくれる人を探す→仲介業務。


借りた後の、トラブル対応→管理業務。


といった分類です。

管理業務を任せると、どれくらいお金取られる??



家賃の5パーセントが、毎月取られます。


なので、家賃10万円だった場合・・・。


5000円は、経費としてかかります。


ただ、自分が先頭に立って、入居者のトラブルに対処するのはほぼ無理なので、必要経費として割り切って仕舞いましょうね。