空き家の実家の相続の際に起きる、遺産相続のトラブルを防ぐ方法として、家族信託という制度があります。


この記事では、空き家の実家の相続トラブルを、家族信託で回避する方法をご案内します。

家族信託ってなに?




要するに「親が生きている間から、親の財産管理を子供などに任せて老後に備える」制度です。


具体的には


  • 空き家になる予定の実家の名義は子に移すが、親が住み続ける。

  • 親の代わりに親の自宅である実家を、子供であるあなたが管理する。

  • 親の死後に、実家の所有権を子供であるあなたに移るようにしておく。

  • こんな感じの取り決めを、親が生きている間にできる、相続トラブル回避の制度、契約です。

    家族信託のメリットとは?



    メリットは

  • 贈与税や不動産取得税もかからない。


  • なぜなら、子供が管理していても持ち主は親です。なので贈与した事にならないからですね。



    それと・・・


  • 遺言と同じ効果がある。相続トラブルをかなり回避できる

  • 親が遺言書に「家は息子である〇〇に譲る」と書いたのと、同じ効果がある。


    って事です。


    実家を譲る対象をある程度、明確にしておけば親の死後に、実家を共有持分にして揉めるなどが起こりません。

    家族信託って、ある程度自由に内容が決めれるのか??



    かなり自由度が高いです。


    親が死亡した時のみならず、親が認知症になった時に実家の所有権をどうするのか??


    空き家になる予定の実家以外の、他の財産を(株とか)どうするのか?などを色々決めれます。

    家族信託のデメリットとは?



    子供であるあなたに、結構負担がかかります(費用や義務的な)。

    かなり自由度が高い分、いろんな義務が課せられたりします(司法書士に定期的に報告義務)。



    弁護士や司法書士などの専門家のアドバイスを必ず受けて、契約書を作成して、納得の上で行ってくださいね。

    当然ですが、その際に専門家の相談料などがかかります。

    すぐに相続に強い弁護士を探すなら



    >>>こちらがオススメです<<<