この記事は、空き家になっている実家の名義変更を放置するリスクに関して解説した記事です!

名義変更って何をすることなの?



名義変更とは、土地と建物の名義を、例えば親から自分へ移すことです。


親から譲り受けた実家を自由に売ったり、貸したりするには、土地と建物両方で名義を自分に変更しないとダメです。


ちなみに、名義を変更することを「所有権の登記を移転する」と言います。

「登記する」とは「土地や建物が何県の何市のどこにあるのか」「土地や建物はどんな形をしているのか」「土地や建物について、誰かが権利を持っていないか?」を法務局に申請して登録することです。


名義変更は、義務なのか?



名義変更、つまり登記は任意です。


親の名義のまま土地や建物をそのままにしていても、罰金をくらったり、国から怒られることはありません。



なので、親の名義のまま長年放置している家系は多いです。


名義変更をしないことで起こる、トラブルは?



実は、名義変更しないと、色々とめんどくさいことが起こります。


空き家の実家の所有権は、相続する権利を有している人全員にあります。


ですので、何世代にも渡って、名義変更をしていない場合は・・・。


誰が、実家の相続する権利を持っているのか?


把握するのは、非常に難しくなってきます。


しかも、実家の売却を考えたときに、所有権を持っている相続人全員の同意が必要になってきます。


自分名義にさっさと名義を移しておけば、あなたが単独で空き家の実家の所有権を持っているということになっていたのです。


その結果、自由に実家を処分できて、お金に変えることができていたのです。


ただ、名義を自分に移していないと、売り出すときに、相続する権利を持つ人の全員の同意をとるという、面倒なことをまずすることになるんです。



なので、空き家の実家を処分するときに、非常に手間や時間がかかって、高く売れるタイミングを逃してしまうんですね。