親が亡くなって、自分が空き家の実家を相続できる権利はある。


でも、空き家の実家を継がない!という選択肢を、相続放棄と言います。


今回は、空き家の実家を相続放棄する際の注意点や、放棄しない場合どうなるのかを検討をした記事です。

実家を相続放棄をする場合って、どんな時??



相続放棄は、親が多額の借金を残して亡くなった場合、そのまま子供が相続すると、子供が大変な思いをするので、子供であるあなたが親の借金は引き継ぎません!と拒否する行為のことです。

例えば、実家の空き家問題に引き直すと・・・・

空き家の実家はボロボロで、誰も借りないような田舎にある。


もしくは、生前親が借金癖があって、自宅にたくさんの抵当権がつけられていた

実家を引き継ぐと、自分が親の借金を肩代わりしないといけない状況



なんて、場合です。


相続放棄のやり方とは?あなたが放棄すると、他の相続人はどうなるの?



相続放棄は、空き家の実家を相続する権利がある子供たちが、それぞれ各自に「相続したくないです」と、家庭裁判所に申し立てをすればOKです。


他の兄弟の同意は、必要ではありません。


なお、あなた含めて子供たち全員が、空き家の実家の相続を放棄したらどうなるか?


自分の親の親である祖父母や、親の兄弟に相続する権利が移っていきます。

相続放棄は、申請の期限があるので注意して



ちなみに、相続放棄をする期間はかなり短めに決まっています。


親が亡くなって相続が発生してから、3ヶ月以内に、裁判所へ行かないとダメです。


3ヶ月以内に申請できないと、ボロボロの空き家の実家をそのまま相続することになるんです。

全ての財産を引き継ぐ単純承認



親の財産を全て引き継いで、相続をする場合を、「単純承認」と言います。

いわゆる普通の相続です。

空き家の実家を是非とも継ぎたい!って思っているなら、そのままにしておけば相続できます。

なお、当然ですが、家庭裁判所などへ申請は一切不要です。


なぜなら、相続放棄の場合と異なって、3ヶ月放置したら勝手に相続が始まりますので・・・。

相続人全員が放棄した場合、実家はどうなるのか?



家庭裁判所によって選ばれる、相続財産管理人と呼ばれる人たちによって、実家は管理される。


具体的には、弁護士や司法書士などが管理人になるらしい。


ちなみに、財産管理をして欲しい場合、申し立てるのに費用がいくらかかかるので、家庭裁判所に問い合わせてみてくださいね。