空き家の実家を賃貸に出す場合、どれくらいの家賃相場だったらすぐに借りてくれるのか??


この記事では、空き家の実家の家賃相場はどれくらいか?や


相場の決め方、決める際の注意点を書きました。

自分の希望価格と、業者の希望価格の中間くらいが相場



家賃は、基本的に築年数が古ければ古いほど下がります。


それに加えて、立地や間取り、メンテナンス状況という要素が加わります。


貸主はできるだけ、高く貸したい!


不動産業者さんは、家賃をそこそこに抑えてできる限り安くして、早く借り手が見つかるようにしたい!と思っています。

なので、例えば・・・・



貸主のあなたが、12万円という家賃を希望。


不動産業者さんが、10万円という家賃を希望。



そのちょうど中間の22万円÷2=11万円くらいが、借り手が見つかりやすいいい相場になるらしいですね。

以上より、自分の希望価格と不動産業者が言ってくる価格の、ちょうど中間くらいが相場!と覚えましょう。


その価格で、手取りでいくら残るのか計算しましたか?



賃貸収入って、結構建物の維持費でお金が地味になくなります。


維持費って、賃料収入の必要経費なのです。


ただ、ちゃんと必要経費を引いてもしっかりとお金が残るか、計算することも大事です。


しっかりと不動産業者に確認して、利益が出るのか確認しましょうね。

例えば、11万円の家賃収入 ー10万円の維持費 =1万円しか残らない(笑)


という、笑えない話も結構あります。


以下では、必要な経費を考えました。

継続してかかる経費


  • 固定資産税

  • 都市計画税

  • 家賃収入にかかってくる所得税

  • 管理会社に管理してもらう時にかかる、管理委託料

  • です。


    突然かかる可能性のある経費


  • 部屋のクリーニング費用

  • メンテナンスをする際にかかる費用

  • 不動産業者に払う仲介手数料

  • リフォームするなら、費用の回収も念頭に入れて家賃の相場設定を


    なお、リフォームして貸し出したいとなった時に、ちゃんとリフォーム費用を回収できる家賃設定にしないと赤字になってしまいます。


    ここらへんの細かい価格設定は、不動産業者さんとよく相談しましょうね。

    ちなみに、前回書いた記事で、リフォームするなら最低限の水回りのみで、費用を抑えるべきであるという記事を書きました。


    <参考記事>

    空き家の実家をリフォームをするべきか?するなら水回りを最優先するべき

    要するに、水回りは借り手の人がすごく気にしている部分の1個で、汚いとそれだけで契約が流れる可能性があるので、心してリフォームするべきということ。


    もともと和室で、クローゼットじゃなくて押入れだったとか、そういう所は実はあまり成約率に影響はしません。